建売住宅を買うときにきをつけること

わたしは、40代の主婦です。専業主婦は、家をいる時間が長いです。だから、自分がいやすい、居心地のよい家づくりをしないと家にいるのがつらくなってきます。わたしは、結婚してこどもが生まれてから、ずっと専業主婦をしています。栗東市に建売住宅を購入して、今は数年がすぎようとしています。この家に数年住んで思ったこと、よかったことと改善点を教えます。建売住宅なので、すでにもう部屋やトイレ、キッチンなどは当然でき合った状態をみての住宅購入でした。

 

建て売り住宅でも、まだ建築中に契約を交わせば壁紙や床の色などを選びことが可能なようです。しかし、うちは資金の都合上、売れ残りの建売住宅を購入したので、それは無理でした。しかし、実際に購入するとなったときは、カーテンに柄をどの部屋に着けるか選んだり、エアコンはどの部屋に着けるかなども選べました。でも、まぁエアコンとカーテンは建売住宅を購入したときのサービスでしたけどね。近所の方は、建築前からか建設中のときにすでに予約をしていたので、ソファーやダイニングテーブルなどもサービスしてもらったようです。うちは、ものではなく交渉して価格を下げてもらいました。最初は、100万円値引きしますよと言われましたが納得いかず300万円値引きしてもらいました。

 

住宅メーカーは、はじめわたしの値引き交渉500万に「話にならない」といっていって相手にしてくれませんでしたが、数日して買い手がつかなかったのか、私たちに連絡をしてきて再度交渉をしてきました。建売住宅はもうすでに建ててしまっているので長期間売り手がないと、どんどん価値が下がっていくみたいなので早く売り手を探したいみたいです。もし、みなさんて売り住宅を買う予定の方は駆け引きしてみるのもいいかもしれません。すでに出来上がってる家を自分の落ち着く場所に代えていくには家具の位置、キッチンなど使ってみてお風呂場、洗濯機が一直線なのをおすすめします。移動に楽ですよ。

PR|お小遣いNET住宅リフォーム総合情報内職 アルバイト健康マニアによる無病ライフ英語上達の秘訣マッサージのリアル口コミ.com生命保険の口コミ.COM女性のための薄毛治療研究会美容と健康女性ランキング会社経営に必要な知恵袋ダイエットチャレンジ100日|AGAでお悩み解決ゴミ屋敷解消Q&A